カギの防犯性能

緑のキーホルダー

防犯対策の基本中の基本となるのがカギの交換です。ピッキングやサムターン回しなどの手口は有名で、旧式の錠前なら簡単に開けられてしまいます。補助錠を付けたり防犯性の高いカギに交換したりすることが、空き巣狙いを防ぐ上で効果的です。 カギの交換はリフォーム業者や便利屋などでも行なっていますが、知識と経験が豊富なのはカギの救急車などの専門業者でしょう。自分で交換することもできますが、サイズを間違えたり工具が合わなかったりして、取り付けに失敗することがあります。そうなると部材費が無駄になり、手間もかかるので結局は損をします。 住まいの安全を確保するためには、防犯対策に精通したカギの救急車に相談するのがお勧めです。

カギの救急車にシリンダー錠の交換を依頼した場合、料金はカギ本体の価格プラス工賃・出張費となります。出張費は店からの距離によって異なり、近距離なら3000円程度から、遠距離では1万円ほどすることもあります。そんなに遠くの店へ頼む人はいないでしょうが、近くに店舗がない場合は注意してください。 カギの価格は安いものなら5000円ほどですが、防犯性に優れたディンプルキーなどは1万円〜1万5000円程度が相場です。したがって、合計すると1万円〜2万円ぐらいと見ておけばよいでしょう。 もっとしっかりした防犯対策を望む方には、カード式や指紋認証式、電波リモコン式の鍵などもあります。ただし高いものは10万円ほどになり、カギの救急車で扱っていない場合もあります。